生徒と保護者の未来のために!

「うちの子には、まだ塾は必要ないわよね」とお考えのお母さんへ

どの高校を目指すのか、また大学受験を考えているのかどうかによってアドバイスはちがってきます。でも、緑台や県立伊丹などの公立上位校を目標にするのなら、大変失礼ですがご認識はあまいと思います。
国公立大学(地方国公立含む)と関関同立に、緑台やエリアの各公立高校から毎年何名が現役で進学しているか、また各高校の上位何%にいなくてはいけないのか、一度よく調べてみましょう。ご一報くだされば私たちがいつでも資料をご提供します。
高校に入ると、どの教科も急激に難しくなります。総合選抜時代の残滓がまだまだ残るエリアの入試環境を思えば、「ノー塾」でも緑台や県立伊丹に入れるかも知れません。しかし「ノー塾」や補習塾(学校の予・復習のみをする塾)出身の生徒が高1の秋以降、英数を始め複数科目で欠点を取ることが実際よくあります。緑台や県立伊丹の上位を走り、国公立大学や関関同立に現役で合格する生徒は、ほぼ全員が中学時代に塾で基礎力を身につけています。この差は大きいですよ!そして生徒によっては、塾での勉強のスタートが遅ければ遅いだけ、その差は埋めようもなく大きくなります。早くから「ちゃんとした塾」で勉強している生徒は、決して授業料を無駄に払っていません(これは塾にもよりますが・・)。
中学時代にどういう塾で、どのように、どこまで鍛えられたかが、高校の成績を、ひいては大学の可能性をも決めてしまう・・そんなものです。
どうぞ危機感をお持ちください。川西・伊丹エリアでは、受験や進学に敏感すぎるぐらいでちょうど「いい加減」です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-744-0011 受付時間 15:30 - 21:30

PAGETOP
Copyright © 志学館セミナー All Rights Reserved.