生徒と保護者の未来のために!

中学部指導方針

中学部授業の概要

英語

2・3年の主要文法の学習は1学期で終え、残りの期間は復習に専念!

学校教科書を丁寧に仕上げながら学校授業の枠を超えた重量感のある学力の獲得を目指します。主要文法の学習は、1年は12月〜1月頃に終わりますが、2・3年は速度を早めて1学期で終了し、残りの期間は復習を繰り返して徹底的に理解の定着をはかります。定期考査対策と高度な実力養成の比重は概ね半々です。学校授業の予・復習に終始する授業はもう有効性に限界があります。入試ではプラスアルファが問われます。英語で苦戦する皆さん、暗記ではなく、とにかく理解して下さい。必ず伸びます。

数学

「真学力」と「破壊力」ある数学で常に上位を疾走できる「数学力」を!

学校の定期考査や入試現場で通用する数学の実戦的な応用力を身につけるためには、単に数多くの問題を機械的に解いて体で覚えさせる学習や、やたらに考えさせるばかりで多くの時間を浪費する学習では有効性に限りがあります。多くの皆さんがほとんど計算問題でしか得点できず、文章題や図形の応用問題が簡単に解けないのは、学習の方法に問題があるからです。こういう問題には必ずツボがあります。これを如何に的確に攻めるかで瞬時に勝負が決まります。ツボさえ押さえれば難問でも意外に簡単に解けるものです。ただ、こういう指導は並の講師ではできません。入試問題の専門家であるプロ講師から解法テクニックを伝授されてはじめて可能です。志学館では、1・2年は学校の定期考査で安定的に上位を維持することに目標をおきながら、余力のある限り入試問題や数多くの良問をこなし、中3で展開する本格的な内申対策と受験数学の学習に結びつけています。使用教材は、各学年とも年間教材が2〜3冊です。入塾当初、学校の定期考査で平均点にとどかなかった多くの生徒が、楽しく生き生きと学習に取り組み、安定的に成績を伸ばしています。

国語

国語の厄介な各単元を個別に潰す。

授業は、各中学の学習状況を見定めながら中間・期末考査の対策に全力を傾け、さらに難関国立・私立入試のレベルに達します。国語の各単元は文法、古文、漢文、読解、詩歌、記述など多岐に渡る上、努力の割りには成果が乏しい教科である、という印象を多くの生徒が持っているようです。でも、考えてみてください。国語を苦手とする生徒には、普段使っている日本語だから、という思い込みがありませんか。国語は私たちが日頃使っている日本語とはちがい、ちょうど英語や理科のような1つの教科体系で、それなりの対処法を習得しなければ、所詮太刀打ちできないのです。志学館セミナーでは、国語の厄介な各単元を1つ1つ確実に潰し、中3の1学期には公立と一部私立の入試問題の合格ラインに達するほどにまで仕上げてしまいます。近年国立・公立だけでなく私立入試でも頻繁に出題されるようになった論述・記述問題の対策も、作文指導を通じて実戦的なテクニックを習得していただきます。

理科

オリジナルカリキュラムで中学理科の最高峰を目指す。

公立私立の入試問題の綿密な分析を踏まえた志学館独自の指導方針に沿って授業を展開し、各学年とも年間2~4冊の優良教材を使用します。学校授業や定期考査の範囲を十分に包み込んだ上で、さらに深い知識の獲得と高度な応用力の習得を目指します。中学生になって理科がわからなくなったという話をよく耳にしますが、多くは各単元の本質を十分理解することなく、暗記のみに頼ってきたことが原因のように思われます。暗記だけの学習はほとんど無力です。理科の成績の如何は、授業や問題演習を通じて習得した個々の単元の豊富な知識と体系的な深い思考力で決まります。志学館では、早い段階で中学3年間の理科を完成させるという特殊な’飛び級制’をとっています。個々の単元だけでなく体系的な思考力の獲得を目指して何度も復習を繰り返すというシステムです。この方法論は、昨今の入試において頻出の複数単元の融合問題にも極めて有効に作用します。入塾するまでは理科が苦手で学校の定期考査でも満足に得点出来なかった生徒が、いつの間にか理科が得意になった、志学館ではこんな生徒も少なくありません。

社会

単なる暗記ではなく、流れを把握した上で、深い理解力を養成!

「社会は暗記するだけ」という言葉をよく聞きます。では、どれだけの生徒が完璧な暗記をして高得点を上げているのでしょうか。地理・歴史・公民からなる範囲は膨大な量に及びます。近年の入試ではその膨大な内容を一問一答で問われるのみならず、記述問題などで体系的な理解を問われます。深い理解力や思考力がなければ、入試に対応できません。志学館セミナーの社会は、その膨大な内容を一から体系的に説明し、それをどのように自分のものにしていくかを教えます。中2は日本史・世界史、中3は憲法・政治・経済・国際関係からなる全ての範囲を”一滴たりともこぼさず”網羅していきます。プリントの穴埋めだけに終始する社会の授業をたまに見かけますが、これは学校の定期考査にも、公立・私立の入試傾向から見ても、ほとんど有効性はありません。勉強の仕方が分からず下位に低迷している皆さん、是非、志学館セミナーで本物の’社会’に触れられ、飛躍的に学力を伸ばして下さい!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-744-0011 受付時間 15:30 - 21:30

PAGETOP
Copyright © 志学館セミナー All Rights Reserved.